さくらインターネット株式会社様

インターネットデータセンター 事業者、クラウド基盤にColt 10Gbps専用線導入

さくらインターネット株式会社、クラウドサービス基盤 に Colt の 10Gbps イーサネット専用サービスを採用

導入ソリューション

Colt イーサネット専用サービス

本書面はKVH株式会社がColtグループになる前の状況に基づき作成されました。

優れたサービス品質を提供・維持し、過去 1 年間の回線安定稼働率は 100%という実績で運用エンジニアの負担やストレスを軽減しました。
– 基盤戦略部バックボーンチーム リーダー 西村 一弘氏

さくらインターネット株式会社について

さくらインターネット株式会社は大阪市中央区に本社を構え、国内最大級の大容量・高速バックボーンと自社のデータセンターを所有するインターネットデータセンター事業者です。月額 125 円のレンタルサーバから、大規模ネットビジネスやエンタープライズニーズに応える専用サーバ、クラウド、ハウジングなど様々なサービスを提供しています。自社開発による技術力と自社運営のデータセンターをベースに、コストパフォーマンスの高いサービスを提供し、個人から法人まで幅広いユーザーから高い評価を得ています。その中でも特にインターネットコンテンツ事業者からの評価が高く、厳しい経済状況下でも安定した成長を続けています。2011 年に開設した日本最大級のデータセンターである「石狩データセンター」は、北海道の冷涼な気候を 100%活かした外気冷房によってエネルギー効率を向上させ機器の冷却コストを大幅に減らすなど、消費電力削減に対する先進的な取り組みも進めており、DR/BCP サイトとしても注目を浴びています。さくらインターネットは早くから日本のインターネットビジネスを支え、その発展に貢献しています。

お客様の課題

さくらインターネットが展開しているクラウドサービスがビジネスの軌道にのってきたことに比例してトラフィックが急速に増加し、プラットフォームとして利用していたネットワークを拡大する必要がでてきました。また、さくらインターネットが運営するデータセンターが都内に点在しているため、それらを結ぶ広帯域の回線をできる限り短いリードタイムで導入する必要がありました。

Colt を採用いただいた理由

サービス品質を維持しながらネットワークを拡大するにあたり、さくらインターネットはキャリアダイバーシティを第一に考え、Colt の 10Gbps イーサネット専用サービスを採用しました。Colt を採用することで、特に以下の 3 つのメリットを感じています。まず、都内各所のデータセンターを 5 回線の広帯域 10Gbps 回線で大手町 POP(Point of Presence)と結ぶことにより、セキュアで安定したインフラ環境を構築することができ、トラフィック増大による帯域不足が解消できた点です。広帯域であるため、アクセス集中などによる急なトラフィックの増加にも耐えられるようになりました。
次に、他の大手キャリアと比較しても回線品質に遜色なく、優れたサービス品質を提供・維持している点です。回線は Colt ファイバーと他キャリアルートで冗長構成をとっており、過去 1 年間の回線安定稼働率は 100%という実績で運用エンジニアの負担やストレスを軽減しました。
最後に、さくらインターネットのインフラ構築希望スケジュールに合わせた柔軟な対応で、短いリードタイムでデリバリーが可能だった点です。Colt のワンストップソリューションにより、コストパフォーマンスの高いネットワークの構築・運用を実現することができました。

Colt ソリューション

お客様のニーズに合わせて最適な環境を実現するため、Colt は以下の構成で 10Gbps イーサネット専用サービスを提供しました。ポイント・ツー・ポイント型の大容量データ向け広帯域ネットワークで、さくらインターネットが提供するクラウドサービスを支える、安定したインフラを提供することができました。

10GBPS-Diagram-jp

Colt イーサネット専用サービス

お客様専用の回線帯域を割り当てることで他ユーザーのトラフィック影響を全く受けることなく、安定した通信および機密性の高いネットワークを実現します。Colt のイーサネット専用サービスは豊富な帯域、インタフェースメニューを取り揃え、帯域保証と SLA による高品質サービスの保証、アクセスネットワークの冗長オプションをご用意し、お客様のニーズに対応します。複数データセンター間を接続するクラウドプラットフォームや大量データの遠隔リアルタイム伝送に適しており、バイリンガルの専門スタッフによる 24 時間体制のネットワーク監視によりお客様のビジネスに不可欠な IT インフラ環境を確実に運用します。

Colt イーサネット専用サービス

今後の展開

自社設備である北海道の石狩データセンターは特に DR サイトとして利用されることが多く、トラフィックが順調に伸びており、今後さらなる増加が見込まれます。ビックデータ等の増大するトラフィックに対応するため、自社データセンター拠点間の接続構成を見直し、将来的には 100Gbps回線の導入も視野に入れ検討を進めています。同時に、回線品質の向上にも力を入れ、高品質サービスとユーザーの満足度を維持しながらユーザーセグメントを一層広げていきます。