第三者による不正電話利用の被害防止について

第三者による不正電話利用の被害防止について

平成28年11月18日
Coltテクノロジーサービス株式会社

お客様が知らない間に、お客様設備(IP-PBX等)が第三者に操作され、勝手に国際電話をかけられ
結果、お客様に高額な通話料が請求されるという被害が増えています。

当社が把握している不正利用の形態は以下のようなものですが
お客様におかれましては、この様な被害を防ぐために、外部からの接続環境の再確認を行い
第三者による不正アクセスを防御するための対策を講じて頂きますようお願いいたします。

不正利用の形態1: インターネットを介したお客様設備へのアクセス
お客様設備(IP-PBX等)へインターネットを介して接続し、内線端末になりすまし、不正発信を行う。

不正利用の形態2: 外線からお客様設備への不正アクセス
外出先等からお客様設備へ接続し、パスワード解析などを行い、不正発信を行う。

ご確認頂きたい内容
  • インターネット経由でIP-PBX等へのアクセスを可能としている場合、そのセキュリティ対策に不十分な点がないか確認をお願いいたします。
  • IP-PBX等へのアクセスパスワード (管理者用のパスワードや外部接続用のパスワード等)について、簡易なパスワード設定を避けるとともに定期的な変更をお願いいたします。
    (上記2点についてはお客様設備のメーカー、もしくは、保守業者と確認を行い、対策を進めることが有効です。)
  • お客様設備へのアクセスログの記録・保存を行い、不正アクセスがないか、確認をお願いいたします。
  • 国際通話を利用しない場合は、海外向けの電話の発信を行わないよう、お客様設備側で設定をお願いいたします。
    弊社にお申し出いただくことで、海外向けへの発信を行わないよう設定することも可能です。

【本件に関するお問い合わせ先】
サービスデスク: asia-servicedesk@colt.net